04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

マドログ☆ 声優 真殿光昭の公式ブログ

たまにしかかかなくてもいいじゃない にんげんだもの みつあき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

天国の階段 パートⅢ 

天国の階段 パートⅢです。
今日はこの作品をやらせて頂いたからこそのエピソードをご紹介
したいと思います。

まだ、天国の階段が放送されていた時の話だ。
子供の同級生のお母さんと話をしていたところ、その人のお姉さんが
大きな病院で看護婦をしているという話がでた。
そのお母さんは当然僕が天国の階段をやっているのを知っているので
そういえばということでこの話が出たのだが。

そのお姉さんによると、自分の働いている病院に
末期の癌患者のおばあさんが入院しているという。
余命半年。
そのおばあさんの唯一の楽しみは、韓流ドラマを観る事。
天国の階段も毎週楽しみにみているということだった。

この話を聞いて、せめて少しだけでも力になってあげられたら
いいなと思い、MDに『がんばって下さい』というようなメッセージ
をいくつか撮り、最後に浜辺でブーメランを投げるシーンで使われている
『愛は戻ってくるんだ!』という台詞を入れ、そのMDを、
そのおばあさんに渡してもらった。
別にそうしてくれと頼まれたわけではないのだが、
なにか、ささやかながらも何かしてあげたかった。

後日、そのおばあさんから手紙とおばあさんが病室で作ったという
手づくりの品物が送られてきた。
手紙には「すごくうれしい!癌なんかに負けるもんですか!
絶対に直してみせる!」という力強い言葉が書かれていた。
その手紙を見て、なんか、僕自身が感謝したいような気持ちになった。
クォンサンウ自身の映像でもなければ、サンウ本人の肉声でもないのに
こんなに喜んでもらえるなんて。
とても嬉しかったし、むしろ自分が力をもらったような気がした。


一年後、ご家族の方から手紙を頂き、その方が亡くなられた
という報告を受けた。
毎日のように僕の吹き込んだMDを聞いてくれていたらしい。

たいしたことはやっていないが、亡くなられる前のおばあさんの中に
せめて、ロウソクの火くらいの幸せを残してあげられたのだとしたら
僕のやった事も無駄ではなかったのかなと思う。

こんな話をすると、さぞ僕がいい人という印象を受けるかもしれないが
そんなことはない。

僕の母親も、その当時から癌の治療をしていたので、母とそのおばあさんを
重ねてみていた部分が気持ちの中であったからということを付け足しておこう。









天国の階段 DVD-BOX 1天国の階段 DVD-BOX 1
(2005/03/25)
チェ・ジウグォン・サンウ

商品詳細を見る



天国の階段 DVD-BOX 2天国の階段 DVD-BOX 2
(2005/04/22)
チェ・ジウグォン・サンウ

商品詳細を見る









スポンサーサイト

category: クォンサンウ

thread: 韓国ドラマ - janre: テレビ・ラジオ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

CalendArchive

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。